お金

私のお金事情

更新日:

思い返せば昔から財布の紐は緩いほうでした。
子供のころから親にもらったお小遣いはすぐに使ってしまい、すぐに追加のお金を催促していたり、なにかお手伝いはないか?とやらなくてもいい仕事をさがして勝手にやって、お小遣いを請求するなど。
お金を貯めるという習慣は全くありませんでした。

高校生の頃に初めてバイトをした時も、もらった給料はすべて使い、月末に足りなくなったら親に借りる。また給料をもらってすべて使い、月末に親に借りるという、この頃から消費者金融(親)にお金を借りる生活をしていました。
もちろんお金を貯めるという考えは全くなく、親にお金を返すために生活していました。

そして専門学校を卒業して本格的に社会人というところで一人暮らしを始めました。収支のバランス?そんなの考えて意味あるの?という感覚でもらった給料はすべて使う。なくなったら節約して乗り切るという生活の繰り返しをしてました。ですが、時には急な出費というものがあります。友人の結婚式やパソコンが壊れたから買い替えるなど、そんなときは貯金もないので借金して何とかしてました。社会人になって親に頼るのもおかしな話だという考えで、親から借りるのは辞めてましたし、ほんとに消費者金融にお世話になる生活のスタートでした。

そんな借金もたまりにたまって消費者金融の上限額いっぱいの100万円。そして銀行のカードローン50万円。奨学金の返済に200万円。毎月の返済額は6万円ほどでした。気が付けば家賃と同じぐらいの金額を返済に充てていて、まともな生活ができなくなりました。仕方なく実家へ帰ることに。情けない話ですがそうするしか選択肢はありませんでした。

もうどこからも借りることができなくなり、クレジットカードも止められてホントに借金できない状態になりました。
これからは同返済するか考えてるところですが、その一つに借り換えと言うものが気になっています。

借り換えでは複数社から借りているものを一社にまとめることで月々の返済を少なくすることがメリットとしてあげられます。そしてリボ払いなどの利息が高いものについても利息の低いものに借り換えすることにより利息を抑えることもできます。
ですが、借り換えするのにも審査が必要なので審査が通るかというところがネックになってくると思いますが、試してみる価値はあると思います。

現在はいくつか借り換えの銀行を探しています。これから生活を直していくために、借り換えという選択肢もありかもしれません。

意外と最初は10円玉貯金などのようなコツコツしたところから金銭感覚を直したほうがいいかもしれないですけどね。

-お金

Copyright© お金と生活の困りごとまとめ , 2018 AllRights Reserved.